<お手入れ講座 第3回>

  • 2008/08/21(木) 17:33:17

こんにちは、まなまなです。
最近は少しずつ朝晩が涼しくなってきましたね。
皆様体調をくずさないようにお気をつけ下さい。

さて、第3回はウエディングドレスのベールの取り付け方です。
いろいろとお問い合わせ頂きました為、
今回このお手入れ講座内で紹介させて頂きます。
また、紹介が遅くなってしまい申し訳ありません。

?コーム(針金のクシ状になっている所)の形を整えます。
※柔らかい針金で出来ておりますので自由に調節が可能です。



?髪の毛の間にコームを差し込みます。



?ベールのコームが完全に差し込まれた状態です。



?ベールと髪の毛のすき間にティアラを入れます。
※そっと差し込んで乗せるような感じです。



?ジャァァーン!!完成です!!



今回はウエディングドレスのベールの
取り付け方をご紹介しました。
着せ付け時のお役に立てれば嬉しいです。
ご質問を頂いていた髪型のメンテナンス方法についても
今後ご紹介させて頂きたいと思います。

第2回からとても間があいてしまって申し訳ありません。
今後も色々ご紹介していきたいと思いますので
宜しくお願いします。

お手入れ方法についての
ご質問・お手入れ講座へのリクエストも
受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
pureneemo_blog@azone-int.jp


<お手入れ講座 第2回>

  • 2008/05/15(木) 13:57:26

こんにちは、まなまなです。
暖かくなったなぁと思っていたら急に冷え込んだりと
体調をくずしやすい気温ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
第1回目から間が開いてしまってすみません。
できるだけ定期的に更新出来るよう頑張りたいと思います。

さて、第2回は髪の毛のお手入れ<後編>についてです。
前回はドール用ヘアブラシと
髪のとかし方についてご紹介しました。
今回はパサつきの防止と保管方法について
ご紹介したいと思います☆


<使用するもの>

・ドール用ヘアブラシ
・ウィッグ用オイルミスト(なければ霧吹きでもOK)
・はさみ
・ヘッドにかぶせる為のビニール


<パサつきを防止する>

髪が乾燥して静電気等で広がってしまった場合、
市販のウイッグ(かつら)用のオイルミスト
使用するのがオススメです。
手元になければ霧吹きでもOKです。
ただ、オイルミストを使用した方が効果が長持ちします。
オイルミストは多めかなと思うくらい
しっかり吹きつけた方が効果的です。

オイルミストで髪をしっかり濡らした後、
余分な水分を拭き取り、前編の<髪をとかす>
ご紹介した方法で髪をとかします。
濡らした直後は水分が多く感じるかもしれませんが、
時間を置くと水分も飛び自然になります。

オイルミストはストレートヘアの子にも
ウェーブヘアの子にも使用できます。
広がりやすいウェーブヘアの形を
キープ
するのにも効果ありです。
艶が出て、ホコリや汚れも防げ、
静電気防止にもなるので便利です。
ブログや広告の撮影時もオイルミストを使用しています。

オイルミストは人間用のウィッグを
扱っているお店
で販売されています。
色んなメーカーさんから発売されていますが、
価格も大抵1000円前後とお手ごろですよ。
お近くにウィッグ取扱いのお店がない場合でも、
オンラインで通販しているメーカーさんが多くあります。
ウィッグ オイルミスト】等で検索すると見つかると思います。

※オイルミストには滑りをよくする成分も含まれておりますので、
 フローリング等で使用される際はご注意下さい。
 床等に付着すると滑りやすくなり
 思わぬ怪我を招くことがあります。                          


<ヘッドの保管法>

ドールを保管する際は髪の毛が広がって
パサパサになるのを防ぐために、
ビニールの袋を筒状になるように切って
かぶせておくことをオススメします。
※お買い上げ頂いた際にヘッドに
 ビニールがかぶせてある場合は
 そのビニールをご使用頂くと便利です。


ちなみにえっくす☆きゅーとのヘッドには
6cmの袋が合うようです。


このようにすれば顔部分の汚れ防止にもなります。


ツーテールや巻き毛等の特殊な髪型は
幅の広い袋を使用して調整してください。

今回はパサつきの防止と保管方法についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
ドールのメンテナンスについてはこのお手入れ講座で
これからもご紹介していきたいと思います。
4thころん
の髪型のメンテナンス方法について
ご質問を頂きましたので、次回ご紹介できればと思います。

※ここでご紹介する方法・作業は一例であり、
 効果や損害を補償するものではありません。  
 あくまで自己責任の範囲で行って頂きますようお願いします。


<お手入れ講座 第1回>

  • 2008/04/22(火) 18:14:46

こんにちは、お久しぶりです。まなまなです。
今回からアンケートハガキなどでも質問の多かった
お人形のお手入れ
について紹介していきたいと思います。


第1回は髪の毛のお手入れ<前編>についてです。
アンケートハガキやショップのお客様から
髪の毛のお手入れに悩んでいるという声をよく聞きます。
今回は少しでもお役に立てるよう
メンテナンス方法をご紹介いたしますね☆
ちょっと長くなってしまうので、
前編後編と2回に分けてご紹介します。

えっくすきゅーとなど、アゾンのオリジナルドールの植毛は
サラン」という名称の化学繊維を使用しています。
素材の特性上、にはとても弱いので
ドライヤーの温風・ストーブの熱風等に
あてないよう注意して下さい。   
あっというまに髪の毛がちりちりに変形してしまいます。

<使用するもの>
・ドール用ヘアブラシ
・ウィッグ用オイルミスト(なければ霧吹きでもOK)


★ドールに適したヘアブラシ
ストレートヘア
ウェーブヘアで適するものが異なります。
アゾンから発売されているドール用ヘアブラシ(¥210)は
ストレートヘア向きになります。
100円均一等で販売されている人間の眉毛用の小さなクシも
ストレートヘアの場合に使い勝手が良いです。(下の画像参照)



その場合、できれば画像のように
反対側がブラシになっているタイプで、
クシはプラスチック製のものが良いようです。
どちらかというとブラシ側を使用したほうが抜け毛防止になります。
金属製のクシは髪の毛が引っかかりやすく、
髪の毛が抜けてしまう可能性がありますのでお勧めできません。



上の写真のピンクのクシがウェーブヘア向き、
レッド
のクシがストレートヘア向きですので、
クシを選ぶ際の参考にしてみてください。
○ストレートヘアの場合
 →1mm位の目の細かいヘアブラシがオススメです。
○ウェーブヘアの場合
 →2〜3mm位の目の粗いヘアブラシがオススメです。


<髪をとかす>
髪のとかし方ですが、ドールの場合は頭のてっぺんからではなく、
毛先
の方からとかします。
写真のように、毛先の方から徐々にとかしていくと
髪が切れたり絡まったりするのを防げます。
ストレートヘア
ウェーブヘア共に同じです。
ショートヘアの場合でも毛先からとかすことをオススメします。
髪が途中で絡まった場合は、無理にとかさず
少しずつほぐしながらとかしてあげてください。
無理にとかすと髪が切れてしまうことがあります。







ウェーブヘアをとかす場合は、<使用するもの>で紹介している
 ウィッグ用オイルミストの使用をオススメします。
 何もつけず、そのままとかすとウェーブが崩れて
 髪が広がってしまうことがあります。
 オイルミストの使用については次回詳しくご紹介します。


今回はヘアブラシと髪のとかし方についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。お手入れのお役に立てれば嬉しいです。
ドールのメンテナンスについてはこのお手入れ講座で
これからもご紹介していきたいと思います。
次回は、引き続きオイルミストの使用についてなど
髪のお手入れについてご紹介します。

※ここでご紹介する方法・作業は一例であり、
 効果や損害を補償するものではありません。  
 あくまで自己責任の範囲で行って頂きますようお願いします。